練馬区税理士事務所、新宿区も対応

石丸寛税理士事務所

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-16-7MKビル6F
TEL 03-6907-1394
生存給付金付定期保険に関する生存給付金の一時所得・新宿区、練馬区税理士ニュース

生存給付金付定期保険に関する生存給付金の一時所得・新宿区、練馬区税理士ニュース

石丸寛税理士事務所では個人事業主の方に向けて所得税の取扱い情報をご提供しています。

ここでご紹介する事例は国税庁が公表している質疑応答事例を基にしております。

なお、ご紹介する事例は一般的な取扱いであり皆様の個別事例の内容、前提によって異なる取扱いとなる可能性があることにご留意ください。

【事例】

生存給付金付定期保険契約により生存給付金を受け取った場合、生存給付金に関する一時所得の計算で「収入を得るために支出した金額」はどう計算するのでしょうか。

《生存給付金付定期保険の概要》

被保険者・・・・加入時の年齢が6歳から25歳の者
保険期間・・・・15年間
保険金額・・・・300万円から1,000万円まで
生存給付金・・・契約後5年毎に被保険者が生存している場合、生存給付金受取人に対し保険金額の一定率の金額を支払う。

【取扱い】

生存給付金を受け取った場合の収入を得るために支出した金額は、その時点での払込保険料の累計額とし、その生存給付金がその支出した金額に満たないときは、その給付金相当額をもってその給付金を得るために支出した金額とします。

平成27年7月1日の法令・通達等に基づいています。

石丸寛税理士事務所TOP(新宿区、練馬区)

【主な業務内容】

個人・法人税務顧問、融資支援、記帳代行、会社設立支援、給与計算・年末調整

新規顧問契約・税理士変更、相続税のご相談も承っております。

【業務対応エリア】

練馬区、新宿区などの首都圏

«